ウイルスメール対策

ヤマト運輸を騙った偽装メールにウイルスファイルが添付

ヤマト運輸が提供している「お届け予定eメール」等を偽装したウイルス付きのメールが流行っているようです。公式サイトでも注意喚起をおこなっています。

ウイルスファイル付きメールの対処法

万が一あなたがウイルスファイル付きのメールを受信してしまった場合は、絶対にファイルを「開く」または「実行」してはいけません。必ず削除してください。
もし受信したメールにウイルスファイルがあるかどうかわからない場合は、ウイルス対策ソフトがインストールされていないか、お使いのウイルス対策ソフトが受信したウイルスに対応していません。

おすすめのウイルス対策ソフト

スロバキアにある「Eset社」が提供している、ESET Smart Securityをお勧めします。
かつて価格.comの改ざん事件が起こった際に大きくその知名度が上がったウイルス対策ソフト。価格もお手ごろなのですが、他社のウイルス対策ソフトに比べ、動作が軽いことがこのソフトの良いところです。まだ導入されていない方や、乗り換えをお考えの方は一度導入してみてはいかがでしょうか。

そもそもウイルスファイル付きメールを受信しない方法はあるのか

ウイルスメールを受信した状態は、謂わばPCの中に地雷を埋め込まれている状態です。できれば埋め込まれる前にそれを察知できれば安全ですよね。
そこで、今インターネットセキュリティの必需品となっているものがあります。UTM(総合脅威管理)と呼ばれるトータルセキュリティ機器です。
簡単に言うと、普段使っているインターネットを専門の知識がなくても強固な守りにすることができる装置です。インターネット通信に使われるデータを常時監視し、異常(ウイルスメールや不正侵入など)を検知するとすぐさま警告やブロック・削除を実行してくれます。

ただし、PCにウイルス対策ソフトが必要なくなるという訳ではなく、ウイルス対策ソフトと相互に用いてセキュリティを高める事が大事です。

まとめ

  • ウイルスファイル付きメールを受信したら迷わず「削除
  • ウイルス対策ソフトは必要
  • おすすめのウイルス対策ソフトは「ESET Smart Security」
  • UTM(総合脅威管理)はインターネットセキュリティの必需品

お電話でのお問い合わせはこちら TEL 0120-717-765 受付時間 10:00 - 19:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 株式会社琉球カンパニー All Rights Reserved.