UTM

はじめに

UTMはパソコンやインターネットに詳しくないという理由で導入が遅れています。
これは自動車などの任意保険に加入せず運転しているのと変わりない危険な状態なのです。
もしもに備えることが今後の企業インターネットに大きなメリットをもたらします。

UTMとは

インターネットセキュリティ対策の一つで、パソコン一台一台にアンチウイルスソフトや外部からの侵入を防ぐ機能を導入する場合に比べ、コストと手間を抑えることができるため、中堅・中小企業を中心に普及しています。

sene1-img01-g

何の役にたつのか

社内にパソコンの専門職(システムエンジニア)がいない場合、急激な進化を遂げているサイバー犯罪に対して古いセキュリティシステムでは十分な防衛能力を持ちません。
UTMは専任の担当者がいなくても、社内ネットワークの不審なアクセスを遮断し、常に最新のセキュリティ情報が適用され、十分なセキュリティ能力を自動的に維持し続ける非常に重要なものです。

うちの会社に必要なのか

基準として「業務情報が流れている会社のパソコンでインターネット接続している」場合は必要といえます。
またご質問の多くは、”うちはパソコンが〇〇台しかないんだけど…”。大事なのはパソコンの台数ではなく、インターネットに接続されている会社のパソコンに重要なデータがあるかどうかです。
さらに、ファイルの権限管理や、危ないメール添付は開かないといった社員教育を行うなど、セキュリティは総合的に対策を講じることが重要です。

最近はインターネットバンキングで給与振込処理を行う企業も増えています。
万が一不正にデータを改ざんされた場合の補償額も、UTMの設置有無で変わってくる場合があります。

お電話でのお問い合わせはこちら TEL 0120-717-765 受付時間 10:00 - 19:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 株式会社琉球カンパニー All Rights Reserved.