ランサムウェアへの対抗策

0. ランサムウェアとは

ランサムウェアはエクセルデータやワード、メールなどを暗号化し閲覧できない状態にするウイルスです。低額な身代金(Ransom)をビットコインで支払うよう要求してきます。ここで要求通り身代金を支払った場合でも、暗号化されたデータを元に戻してくれる保証はありません。

1. 不審なメールの添付データを開封、リンクへのアクセスをしない

ウイルス感染につながる手段として最も用いられる方法が「メール」です。送信元に覚えないが場合はそのまま削除できますが、送信元が取引先を模しているような場合は開封してしまうのではないでしょうか。そういった場合は必ず、周りの人に確認(確認する人がいない場合は弊社でもご相談可能です)し、本当に必要なメールか判断してください。

2. 更新プログラムの適用

お使いのパソコン(Windows、Mac、Linuxなど)のセキュリティー更新プログラムの適用や、ウイルス対策ソフトの定義ファイルを最新の状態にしておくことは感染防止の基本的な対策です。

3. 定期的なバックアップ

ランサムウェア対策で重要になるのが、データのバックアップです。外付けHDD(ハードディスクドライブ)にデータやOSをバックアップします。この時注意しなければならないのが、バックアップを取る時以外はHDDを「外す」ことです。

また一々外さなくても、ランサムウェアの影響を受けないバックアップ機器も存在します。

4. セキュリティー意識の均一化

社員全員が常にウイルス感染に対して危機感を持つことができれば、被害は最小限に抑えることができるでしょう。しかしそれを実施できている企業はどのくらいあるでしょうか。各パソコンのウイルス対策ソフトが全台更新できているか確認したり、どんなページを閲覧しているのか、どんなメールを受信しているのか…

日々これらのチェック項目を定着させるのも、セキュリティー対策の一環です。

2017.05.19追記

琉球カンパニーでは既知ランサムウェアの駆除も行なっております。万が一感染した場合は、一度ご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら TEL 0120-717-765 受付時間 10:00 - 19:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 株式会社琉球カンパニー All Rights Reserved.